2005年度アンケート結果

ひょうご情報セキュリティ推進会議についてのアンケート調査の結果について

平成17年8月吉日

ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局


いつもお世話になります。 本会議では、設立から半年経過したこと等を契機に、会員の皆様から忌憚のないご意見等をお聞かせいただくためのアンケート調査を実施しました。結果は次のとおりでした。 皆様からのご意見等につきましては、今後の、推進会議の運営に活かしていきます。

【アンケート調査のポイント】

□対象者  ひょうご情報セキュリティ推進会議会員(約300団体)
□回答率  11%(33団体)
□実施期間 平成17年8月  日~8月22日
□主な意見等

(ホームページ)
→内容に満足との意見が多い反面、ウイルスやスパム等に対する具体的な対応方法の記載等、内容の充実を求める意見も見られた。

(メールマガジン)
→内容に満足との意見が多い反面、わかりやすい言葉への置き換え等を求める意見も見られた。

(推進会議の事業)
→研修・セミナーの実施を求める声が強かったほか、県内で発生する情報セキュリティ事案の共有による再発防止への取り組みや、情報セキュリティ相談・指導窓口の設置等を求める声が見られた。


・・・・・・・・・・アンケート結果の概要・・・・・・・・
(1)情報発信について
  [1]ホームページについて

内容に満足
内容に改善の余地がある
88%
12%
(改善策等)
・もう少し、初心者向けの解説を入れてほしい。
・掲載内容が少ない(例えば、会員団体のリンク集などをいれてはどうか)。
・ウイルス、スパム等の具体的な対応方法等についての解説ページがほしい。
・Q&Aを入れてはどうか。

  [2]メールマガジンについて

内容に満足
内容に改善の余地がある
94%
6%
(改善策等)
・表現が硬い。馴染みやすい表現してはどうか。
・もう少しかみ砕いた説明がほしい。
・発信名は、組織名等にしてはどうか。

(2)推進会議について(推進会議に期待する事業(重複あり))

(内容:推進会議の事業として必要と思われるもの)
団体数
(重複)
1.情報セキュリティマインドの高揚への取り組み(ポスター、パンフの作成・配布等)
3団体
2.地域や団体内の情報セキュリティリーダー養成のための研修・セミナー等の実施(有料:内容の高度なもの)
7団体
3.地域や団体内の情報セキュリティリーダー要請のための研修・セミナー等の実施(無料:内容は基礎的なもの)
18団体
4.情報セキュリティ相談・指導窓口の設置・運営
12団体
5.会員団体等で発生する情報セキュリティ事故情報の収集・共有(県内で発生する情報セキュリティ事案を会員間で共有し、
再発防止に 役立てる)
16団体

(3)自由意見

・ルーターの必要性もわからない団体が多い。何らかの手段により底上げを行うことが必要である。
・情報には、緊急を要する内容かどうかがわかるようにしてほしい(優先順位を付けてほしい)。
・パソコンの知識に長けた者がおらず、情報提供を受けても、どう対処して良いかわからない状況である。基礎的な知識獲得を目的とした講習会等を開催してほしい。
・メール転送だけの情報提供ではなく、会員のためのセミナー等を開催してほしい。
・地域や団体内の情報セキュリティリーダー養成のため、無料でかつ少し高度な研修やセミナーを実施してほしい。
・住民、学校、ビジネスレベル等、受信者に応じた情報提供が必要である  等。
 
 
Copyright(C) Hyogo Prefecture 2005-2013 All rights reserved.