メールマガジン情報セキュリティ情報 バックナンバー

バックナンバー

【hyogo-sec No.234 マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて (MS10-019,020,021,022,023,024,025,026,027,028,029)(4/16)】 (配信日時:2010-04-16 10:35:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局MM(2010年4月16日第234号)
    (発行:ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局)
                  http://www.hyogo-sec.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員及び情報セキュリティサポータ 各位

 平素は、当ひょうご情報セキュリティ推進会議の運営、及び情報セキュリティ
サポータ制度にご協力いただき、誠にありがとうございます。

マイクロソフト社の製品において、意図しないプログラムを実行されるなどの
脆弱性が発見されました。
この脆弱性には、マイクロソフト社により定義された4段階の深刻度評価のうち、
最上位の「緊急(Critical)」が含まれていますので、該当するプログラムを使用
している場合は、今後の被害防止のために以下の対策を行うことをお勧めします。


▼▼▼本内容は、貴団体等の構成員にも周知いただくようお願いします。▼▼▼

■■(内容)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて
(MS10-019,020,021,022,023,024,025,026,027,028,029)

マイクロソフト社の製品において、意図しないプログラムを実行されるなどの
脆弱性が発見されました。
この脆弱性には、マイクロソフト社により定義された4段階の深刻度評価のうち、
最上位の「緊急(Critical)」が含まれていますので、該当するプログラムを使用
している場合は、今後の被害防止のために以下の対策を行うことをお勧めします。

1 概要
(1) Windows に脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、
リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-019)

(2) SMB クライアントに脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用され
た場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-020)

(3) Windows カーネルに脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用され
た場合、特権が昇格される可能性があります。(MS10-021)

(4) VBScript スクリプト エンジンに脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性
が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-022)

(5) Microsoft Office Publisher に脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が
悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-023)

(6) Microsoft Exchange および Windows SMTP サービスに脆弱性があります。
攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、サービス拒否を起こされる可能性が
あります。(MS10-024)

(7) Microsoft Windows Media Services に脆弱性があります。攻撃者によりこの
脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。
(MS10-025)

(8) MPEG Layer-3 コーデックに脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用
された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-026)

(9) Windows Media Player に脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用さ
れた場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-027)

(10) Microsoft Visio に脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された
場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS10-028)

(11) Windows ISATAP コンポーネントに脆弱性があります。攻撃者によりこの脆弱性
が悪用された場合、なりすまし攻撃が実行される可能性があります。(MS10-029)


2 脆弱性を有するソフトウェア
マイクロソフト社の情報によると、脆弱性の問題があるバージョンは以下のとおりです。

上記(1)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 上の Authenticode Signature
Verification 5.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 5.1
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3 上の
Authenticode Signature Verification 5.1 および Cabinet File Viewer
Shell Extension 6.0
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の Authenticode
Signature Verification 5.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Server 2003 Service Pack 2 上の Authenticode Signature
Verification 5.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 上の Authenticode
Signature Verification 5.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems 上の Authenticode
Signature Verification 5.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service
Pack 2 上の Authenticode Signature Verification 6.0 および Cabinet File
Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service Pack 1
および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Authenticode Signature
Verification 6.0 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008 for
32-bit Systems Service Pack 2 上の Authenticode Signature Verification 6.0
および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for
x64-based Systems Service Pack 2 上の Authenticode Signature Verification
6.0 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008
for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Authenticode Signature
Verification 6.0 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.0
・Windows 7 for 32-bit Systems 上の Authenticode Signature Verification 6.1
および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.1
・Windows 7 for x64-based Systems 上の Authenticode Signature Verification
6.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.1
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems 上の Authenticode Signature
Verification 6.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.1
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems 上の Authenticode Signature
Verification 6.1 および Cabinet File Viewer Shell Extension 6.1

上記(2)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista
Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service Pack 1
および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008
for 32-bit Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008
for x64-based Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server
2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
・Windows 7 for 32-bit Systems
・Windows 7 for x64-based Systems
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems

上記 (3)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista
Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service Pack 1
および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008
for 32-bit Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008
for x64-based Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server
2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
・Windows 7 for 32-bit Systems
・Windows 7 for x64-based Systems
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems

上記 (4)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 上の VBScript 5.1、VBScript 5.6
および VBScript 5.7
・Windows XP Service Pack 2 上の VBScript 5.6
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3 上の
VBScript 5.7 および VBScript 5.8
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の VBScript 5.6、
VBScript 5.7 および VBScript 5.8
・Windows Server 2003 Service Pack 2 上の VBScript 5.6、VBScript 5.7
および VBScript 5.8
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 上の VBScript 5.6、
VBScript 5.7 および VBScript 5.8
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems 上の VBScript
5.6 および VBScript 5.7
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista
Service Pack 2 上の VBScript 5.7 および VBScript 5.8
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service Pack 1
および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の VBScript 5.7
および VBScript 5.8
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008
for 32-bit Systems Service Pack 2 上の VBScript 5.7 および
VBScript 5.8
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server
2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の VBScript 5.7
および VBScript 5.8
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows
Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の
VBScript 5.7
・Windows 7 for 32-bit Systems 上の VBScript 5.8
・Windows 7 for x64-based Systems 上の VBScript 5.8
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems 上の VBScript 5.8
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems 上の
VBScript 5.8

上記(5)の脆弱性
・Microsoft Office Publisher 2002 Service Pack 3
・Microsoft Office Publisher 2003 Service Pack 3
・Microsoft Office Publisher 2007 Service Pack 1
および Microsoft Office Publisher 2007 Service Pack 2

上記(6)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server
2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows
Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Microsoft Exchange Server 2000 Service Pack 3
・Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2
・Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 for x64-based
Systems および Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 2
for x64-based Systems
・Microsoft Exchange Server 2010 for x64-based Systems

上記(7)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 4

上記(8)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 上の MPEG Layer-3 コーデック
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3 上の
MPEG Layer-3 コーデック
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の MPEG
Layer-3 コーデック
・Windows Server 2003 Service Pack 2 上の MPEG Layer-3 コーデック
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 上の MPEG Layer-3
コーデック
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista
Service Pack 2 上の MPEG Layer-3 コーデック
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service
Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の
MPEG Layer-3 コーデック
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server
2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の MPEG Layer-3 コーデック
(Server Core インストールは影響を受けません。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server
2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の MPEG Layer-3
コーデック
(Server Core インストールは影響を受けません。)

上記(9)の脆弱性
・Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 上の Windows Media Player
9 Series
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3 上の
Windows Media Player 9 Series

上記 (10)の脆弱性
・Microsoft Office Visio 2002 Service Pack 2
・Microsoft Office Visio 2003 Service Pack 3
・Microsoft Office Visio 2007 Service Pack 1 および Microsoft
Office Visio 2007 Service Pack 2

上記(11)の脆弱性
・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1 および Windows
Vista Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service
Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server
2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows
Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
(Server Core インストールは影響を受けます。)
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows
Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2

3 対策
マイクロソフト社のサイト(4 関連サイト参照)から適切なパッチを
ダウンロードし、適用してください。
パッチの適用作業は、利用するアプリケーションへの影響を考慮した
上で行ってください。

4 関連サイト
・Microsoft TechNet MS10-019 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-019.mspx
・Microsoft TechNet MS10-020 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-020.mspx
・Microsoft TechNet MS10-021 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-021.mspx
・Microsoft TechNet MS10-022 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-022.mspx
・Microsoft TechNet MS10-023 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-023.mspx
・Microsoft TechNet MS10-024 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-024.mspx
・Microsoft TechNet MS10-025 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-025.mspx
・Microsoft TechNet MS10-026 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-026.mspx
・Microsoft TechNet MS10-027 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-027.mspx
・Microsoft TechNet MS10-028 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-028.mspx
・Microsoft TechNet MS10-029 (日本)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-029.mspx


*******************************
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局

 〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10-1
       兵庫県企画県民部教育・情報局 情報政策課
        TEL   078-341-7711(内線2293)
        FAX   078-362-9027
        e-mail  johoseisaku@pref.hyogo.lg.jp
         HP    http://www.hyogo-sec.jp
*******************************

【hyogo-sec No.233 アドビシステムズ社の Adobe Reader および Adobe Acrobat のセキュリティ 修正プログラムについて(4/16)】 (配信日時:2010-04-16 10:31:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局MM(2010年4月16日第233号)
    (発行:ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局)
                  http://www.hyogo-sec.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員及び情報セキュリティサポータ 各位

 平素は、当ひょうご情報セキュリティ推進会議の運営、及び情報セキュリティ
サポータ制度にご協力いただき、誠にありがとうございます。

 アドビシステムズ社の Adobe Reader および Adobe Acrobat において、意図
しないプログラムを実行される脆弱性が発見されました。
 今後の被害防止のために、以下のサイトを参照し、対策を検討することをお勧
めします。


▼▼▼本内容は、貴団体等の構成員にも周知いただくようお願いします。▼▼▼

■■(内容)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アドビシステムズ社の Adobe Reader および Adobe Acrobat のセキュリティ
修正プログラムについて

アドビシステムズ社の Adobe Reader および Adobe Acrobat において、意図
しないプログラムを実行される脆弱性が発見されました。
今後の被害防止のために、以下のサイトを参照し、対策を検討することをお勧
めします。

1 脆弱性を有するソフトウェア
アドビシステムズ社の情報によると、脆弱性の問題があるバージョンは以下の
とおりです。

・Adobe Reader 9.3.1 及び それ以前
・Adobe Acrobat 9.3.1 及び それ以前

2 対策
アドビシステムズ社のサイト(3 関連サイト参照)から、 Adobe Reader および
Adobe Acrobat を最新バージョンにアップデートしてください。
更新作業は、利用するアプリケーションへの影響を考慮した上で行ってください。

3 関連サイト
・Adobe - Security Bulletins : APSB10-09(英語)
 http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb10-09.html

*******************************
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局

 〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10-1
       兵庫県企画県民部教育・情報局 情報政策課
        TEL   078-341-7711(内線2293)
        FAX   078-362-9027
        e-mail  johoseisaku@pref.hyogo.lg.jp
         HP    http://www.hyogo-sec.jp
*******************************

【hyogo-sec 232 ジャストシステム社ワープロソフト一太郎の脆弱性について 4/13】 (配信日時:2010-04-13 13:29:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局MM(2010年4月13日第232号)
    (発行:ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局)
                  http://www.hyogo-sec.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員及び情報セキュリティサポータ 各位

 平素は、当ひょうご情報セキュリティ推進会議の運営、及び情報セキュリティ
サポータ制度にご協力いただき、誠にありがとうございます。

 ジャストシステム社ワープロソフト一太郎において、意図しないプログラムを
実行される脆弱性が発見されました。該当するプログラムを使用している場合は、
今後の被害防止のために以下の対策を行うことをお勧めします。


▼▼▼本内容は、貴団体等の構成員にも周知いただくようお願いします。▼▼▼

■■(内容)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャストシステム社ワープロソフト一太郎の脆弱性について

ジャストシステム社ワープロソフト一太郎において、意図しないプログラムを
実行される脆弱性が発見されました。

1 概要
一太郎に脆弱性があり、不正に改ざんされたファイルを読み込むことによって、
任意のプログラムを実行される可能性があります。今後の被害防止のために、
以下のサイトを参照し、対策を検討されることをお勧めいたします。

2 脆弱性を有するソフトウェア
ジャストシステム社の情報によりますと、脆弱性があるソフトウェア及びバージョン
は以下のとおりです。

・一太郎2010
・一太郎2009、一太郎ガバメント2009
・一太郎2010 体験版
・一太郎2008、一太郎ガバメント2008
・一太郎2007、一太郎ガバメント2007
・一太郎2006、一太郎ガバメント2006

3 対策
ジャストシステム社のサイトを参照の上、該当するバージョンのアップデート状況を
確認し、パッチを適用する等の適切な対策を講じてください。対策を講じる際には、
利用するアプリケーションへの影響を考慮した上で行ってください。

4 関連サイト
・一太郎の脆弱性を悪用した不正なプログラムの実行危険性について
http://www.justsystems.com/jp/info/js10001.html

*******************************
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局

 〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10-1
       兵庫県企画県民部教育・情報局 情報政策課
        TEL   078-341-7711(内線2293)
        FAX   078-362-9027
        e-mail  johoseisaku@pref.hyogo.lg.jp
         HP    http://www.hyogo-sec.jp
*******************************
 
 
Copyright(C) Hyogo Prefecture 2005-2013 All rights reserved.