メールマガジン情報セキュリティ情報 バックナンバー

バックナンバー

【hyogo-sec No.352】アドビシステムズ社の Adobe Flash Player のセキュリティ修正プログラムについて (配信日時:2013-12-11 16:12:34)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局MM(2013年12月11日第352号)
(発行:ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局)
http://www.hyogo-sec.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員及び情報セキュリティサポータ 各位

平素は、当ひょうご情報セキュリティ推進会議の運営、及び情報セキュリティ
サポータ制度にご協力いただき、誠にありがとうございます。

▼▼▼本内容は、貴団体等の構成員にも周知いただくようお願いします。▼▼▼

■■(内容)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アドビシステムズ社の Adobe Flash Player のセキュリティ修正プログラムに
ついて

アドビシステムズ社の Adobe Flash Player において、強制終了を引き起こし
たり、システムが攻撃者に制御される恐れのある脆弱性が公表されました。
今後の被害防止のために、以下のサイトを参照し、対策を検討することをお勧
めします。

1 脆弱性を有するソフトウェア
アドビシステムズ社の情報によると、脆弱性の問題があるバージョンは以下の
とおりです。

・Adobe Flash Player 11.9.900.152 及び それ以前(Windows及びMacintosh用)
・Adobe Flash Player 11.2.202.327 及び それ以前(Linux用)


2 対策
アドビシステムズ社のサイト(3 関連サイト参照)から、 Adobe Flash Player
を最新バージョンにアップデートしてください。
更新作業は、利用するアプリケーションへの影響を考慮した上で行ってくださ
い。


3 関連サイト
・Adobe - Security Bulletins : APSB13-28(英語)
http://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb13-28.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■

※本内容は、警察庁が提供するWebサイト「@police」から転載しております。

*******************************
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10-1
兵庫県企画県民部 情報企画課
TEL 078-341-7711(内線2217)
FAX 078-362-9027
e-mail johokikaku@pref.hyogo.lg.jp
HP http://www.hyogo-sec.jp
*******************************

【hyogo-sec No.351】マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて (配信日時:2013-12-11 16:00:53)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局MM(2013年12月11日第351号)
(発行:ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局)
http://www.hyogo-sec.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員及び情報セキュリティサポータ 各位

平素は、当ひょうご情報セキュリティ推進会議の運営、及び情報セキュリティ
サポータ制度にご協力いただき、誠にありがとうございます。

▼▼▼本内容は、貴団体等の構成員にも周知いただくようお願いします。▼▼▼

■■(内容)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS13-096,097,098,099,
100,101,102,103,104,105,106)
 マイクロソフト社の製品において、脆弱性が公表されました。
 この脆弱性には、マイクロソフト社により定義された4段階の深刻度評価のうち、
最上位の「緊急(Critical)」も含まれているので、該当するプログラムを使用
している場合は、今後の被害防止のために以下の対策を行うことをお勧めします。

1 概要
(1) Microsoft Graphics コンポーネント に脆弱性が存在します。攻撃者により
最も深刻な脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があ
ります。(MS13-096)【緊急】

(2) Internet Explorer に脆弱性が存在します。攻撃者により最も深刻な脆弱性
が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS13-097)
【緊急】

(3) Microsoft Windows に脆弱性が存在します。攻撃者により最も深刻な脆弱性
が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS13-098)
【緊急】

(4) Microsoft Scripting Runtime オブジェクト ライブラリ に脆弱性が存在し
ます。攻撃者により最も深刻な脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実
行される可能性があります。(MS13-099)【緊急】

(5) Microsoft SharePoint Server に脆弱性が存在します。攻撃者により脆弱性
が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(MS13-100)
【重要】

(6) Windows カーネルモード ドライバー に脆弱性が存在します。攻撃者により
脆弱性が悪用された場合、特権が昇格される可能性があります。(MS13-101)【重
要】

(7) LRPC クライアント に脆弱性が存在します。攻撃者により脆弱性が悪用され
た場合、特権が昇格される可能性があります。(MS13-102)【重要】

(8) ASP.NET SignalR に脆弱性が存在します。攻撃者により脆弱性が悪用された
場合、特権が昇格される可能性があります。(MS13-103)【重要】

(9) Microsoft Office に脆弱性が存在します。攻撃者により脆弱性が悪用された
場合、情報漏えいが起こる可能性があります。(MS13-104)【重要】

(10) Microsoft Exchange Server に脆弱性が存在します。攻撃者により最も深刻
な脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があります。(
MS13-105)【緊急】

(11) Microsoft Office 共有コンポーネント に脆弱性が存在します。攻撃者によ
り脆弱性が悪用された場合、セキュリティ機能のバイパスが起こる可能性があり
ます。(MS13-106)【重要】


2 脆弱性を有するソフトウェア
 マイクロソフト社の情報によると、脆弱性の問題があるバージョンは以下のと
おりです。

上記(1)の脆弱性
・Windows Vista Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
(Server Core インストール)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
(Server Core インストール)
・Microsoft Office 2003 Service Pack 3
・Microsoft Office 2007 Service Pack 3
・Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット版)
・Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 3
・Microsoft Word Viewer
・Microsoft Excel Viewer
・Microsoft PowerPoint 2010 Viewer Service Pack 1
・Microsoft PowerPoint 2010 Viewer Service Pack 2
・Microsoft Lync 2010 (32 ビット)
・Microsoft Lync 2010 (64 ビット)
・Microsoft Lync 2010 Attendee(ユーザー レベル インストール)
・Microsoft Lync 2010 Attendee(管理レベル インストール)
・Microsoft Lync 2013 (32 ビット)
・Microsoft Lync Basic 2013 (32 ビット)
・Microsoft Lync 2013 (64 ビット)
・Microsoft Lync Basic 2013(64 ビット)

上記(2)の脆弱性
・Internet Explorer 6
・Internet Explorer 7
・Internet Explorer 8
・Internet Explorer 9
・Internet Explorer 10
・Internet Explorer 11

上記(3)の脆弱性
・Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Vista Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
・Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1
・Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1
・Windows 8 for 32-bit Systems
・Windows 8 for x64-based Systems
・Windows 8.1 for 32-bit Systems
・Windows 8.1 for x64-based Systems
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Windows RT
・Windows RT 8.1
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2012 (Server Core インストール)
・Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール)

上記(4)の脆弱性
・Windows XP Service Pack 3 上の
Windows Script 5.7
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.6
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の
Windows Script 5.7
・Windows Server 2003 Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.6
・Windows Server 2003 Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 上の
Windows Script 5.6
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 上の
Windows Script 5.7
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems 上の
 Windows Script 5.6
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Vista Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の
 Windows Script 5.7
・Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 上の
 Windows Script 5.8
・Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 上の
 Windows Script 5.8
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 上の
 Windows Script 5.8
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 上の
 Windows Script 5.8
・Windows 8 for 32-bit Systems 上の
Windows Script 5.8
・Windows 8 for x64-based Systems 上の
 Windows Script 5.8
・Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の
Windows Script 5.8
・Windows 8.1 for x64-based Systems 上の
Windows Script 5.8
・Windows Server 2012 上の
Windows Script 5.8
・Windows Server 2012 R2 上の
Windows Script 5.8
・Windows RT 上の
Windows Script 5.8
・Windows RT 8.1 上の
Windows Script 5.8
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール) 上の Windows Script 5.7
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール) 上の Windows Script 5.7
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
 (Server Core インストール) 上の Windows Script 5.8
・Windows Server 2012 (Server Core インストール) 上の
Windows Script 5.8
・Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) 上の
Windows Script 5.8

上記(5)の脆弱性
・Microsoft SharePoint Server 2013
・Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 1
・Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2
・Microsoft SharePoint Server 2013
・Microsoft Office Web Apps 2013

上記(6)の脆弱性
・Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
・Windows Vista Service Pack 2
・Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
・Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1
・Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
・Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1
・Windows 8 for 32-bit Systems
・Windows 8 for x64-based Systems
・Windows 8.1 for 32-bit Systems
・Windows 8.1 for x64-based Systems
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Windows RT
・Windows RT 8.1
・Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
 (Server Core インストール)
・Windows Server 2012 (Server Core インストール)
・Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール)

上記(7)の脆弱性
・Windows XP Service Pack 3
・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 Service Pack 2
・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems

上記(8)の脆弱性
・ASP.NET SignalR 1.1.x
・ASP.NET SignalR 2.0.x
・Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2013

上記(9)の脆弱性
・Microsoft Office 2013 (32 ビット版)
・Microsoft Office 2013 (64 ビット版)
・Microsoft Office 2013 RT

上記(10)の脆弱性
・Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3
・Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2
・Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3
・Microsoft Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 2
・Microsoft Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 3

上記(11)の脆弱性
・Microsoft Office 2007 Service Pack 3
・Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64 ビット版)
・Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット版)


3 対策
 マイクロソフト社のサイト(4 関連サイト参照)から適切なパッチをダウンロー
ドし、適用してください。
 パッチの適用作業は、利用するアプリケーションへの影響を考慮した上で行っ
てください。


4 関連サイト
・Microsoft TechNet MS13-096 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-096
・Microsoft TechNet MS13-097 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-097
・Microsoft TechNet MS13-098 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-098
・Microsoft TechNet MS13-099 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-099
・Microsoft TechNet MS13-100 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-100
・Microsoft TechNet MS13-101 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-101
・Microsoft TechNet MS13-102 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-102
・Microsoft TechNet MS13-103 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-103
・Microsoft TechNet MS13-104 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-104
・Microsoft TechNet MS13-105 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-105
・Microsoft TechNet MS13-106 (日本)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-106

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■

※本内容は、警察庁が提供するWebサイト「@police」から転載しております。

*******************************
ひょうご情報セキュリティ推進会議事務局

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10-1
兵庫県企画県民部 情報企画課
TEL 078-341-7711(内線2217)
FAX 078-362-9027
e-mail johokikaku@pref.hyogo.lg.jp
HP http://www.hyogo-sec.jp
*******************************
 
 
Copyright(C) Hyogo Prefecture 2005-2013 All rights reserved.